加藤裕
2012年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
加藤裕/Kato Yu
美味時間 –うまいとき

東京のレストランで調理を学び、海外の料理学校へ。
帰国後、日本に食の楽しさを伝えたいとパリのティーブランド「THE O DOR」(テオドー)をはじめ、欧州を中心に日本未上陸の蜂蜜やジャムなどの海外ブランドのバイイングを行い、2012年に「食」のプロフェッショナルの方々とチームを編成し、ケータリング、コンセプト、レシピ、新規プランニングなどを提案するコンサルティングカンパニー株式会社F connectionを設立。



パリからの美味い時….2

パリの食事の楽しさと言えば、星付のガストロもいいですが、
気軽で美味しくて、パリジャンサービスなビストロがいいですね!

今回は、パリの有名ビストロ『ル コントワール(Le Comptoir)』。
日本の雑誌などでも紹介されていますので、
きっとご存じの方も多いのではないでしょうか?

映画館や、カフェが立ち並ぶオデオン広場に位置する
『ホテル ル ルレ サン ジェルマン(Hotel Relais Saint Germain)』の
下にあるこのお店は、ランチは予約不可。
ディーナーは宿泊のお客様優先とあって、いつも混んでるお店です。

仕事の用事でオデオンの近くにいたので、ランチ時に通りかかると、
なんと並んでいるのが5名のみ。チャンス!とばかりに並びました。
ランチはオープンの12時からすでに並んでる状態なので、
お腹が減ったなーと思った矢先のチャンスです。
まさに行列のお店です。


待つこと20分で席について一枚ぱちり。
外の赤いパラソルから左にすでに8名程度が並んでいる・・・。
恐るべき人気店ですね。

席について白ワインを飲みながら、ビストロの狭い机とぎゅうぎゅうの店内。
パリの活気を感じる瞬間ですね―。

そして、やってきました!

自家製のフォアグラのテリーヌとインゲン豆のサラダ。
フランス言ったらインゲン豆は頻繁に使う食材の一つですが、
毎回関心するポイントはゆで加減。
日本だと大抵茹で過ぎと感じますが、やはりフランス、
抜群の歯ごたえとインゲンの香りです。

そしてなんといっても薄くスライスされたフォアグラのテリーヌ。
シャキシャキの野菜とビネガーのしっかりきいたドレッシングにぴったりマッチ!

そして、お待ちかねのメインです。

牛肉の赤ワイン煮込み。
柔らかくなったお肉と、お肉のダシと絡んだ赤ワインスープ、
そしてそのスープを吸ったマカロニ。
これは自分でも挑戦したい一品です。

パリは星の数ほどビストロがありますが、こちらは是非並んでも入って頂きたい、
お気に入りの一店です。

ブログを書きながら自分自身もうよだれが止まりません。

Le Comptoir (ル コントワール)
9 Carrefour de l’Odeon 75006
Tel:01 43 29 12 05
Mon.-Fri. 12:00-18:00(Sat.&Sun.-22:00)
Dinner:Mon.-Fri. 20:30-(予約のみ)
http://www.hotel-paris-relais-saint-germain.com/
※ル コントワールのHPがないので、こちらはホテルのHPです。

 


カテゴリー: 未分類 |