加藤裕
2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
加藤裕/Kato Yu
美味時間 –うまいとき

東京のレストランで調理を学び、海外の料理学校へ。
帰国後、日本に食の楽しさを伝えたいとパリのティーブランド「THE O DOR」(テオドー)をはじめ、欧州を中心に日本未上陸の蜂蜜やジャムなどの海外ブランドのバイイングを行い、2012年に「食」のプロフェッショナルの方々とチームを編成し、ケータリング、コンセプト、レシピ、新規プランニングなどを提案するコンサルティングカンパニー株式会社F connectionを設立。



和紙との時間

食を通して、素晴らしい方との出会いがありました。
私が代理店を展開しているパリのティーメゾン「THEODOR – テオドー」をレクレルール東京時代から
大変お世話になっている表参道のセレクトショップ「valveat81」の高橋さんからのご紹介で、
高知の手漉き和紙「土 佐 典 具 帖 紙」の伝統と技を継ぐ職人浜 田 洋 直さんとお会いする機会に恵まれました。

浜田さんは以前よりTHEODORをご愛飲頂いており大変気に入って頂いているということもあり、
弊社のショールームスタジオまでお越し頂きました。

私自身和紙の持つ暖かみのある質感や風合いが大好きで、よくお客様へのお手紙などにも
和紙を使っています。実は THEODORの創設者でティーブレンダーであるフランス人の
ギョーム・ルールも和紙が大好きで、彼が日本に来ると東京や京都の和紙のお店に
必ず立ち寄りほどです。しかしながら、和紙が好きというだけで、製法や技術、和紙の種類など
細かいことは特に詳しいわけではないので、こんな私がお会いして失礼がないだろうかと
ドキドキしておりました。

食を通じ、今までも多くの素晴らしい職人の方々とお会いする機会がありました。
そんな時は毎回と言っていいほどに、すごい緊張感に襲われます。
そして今回も・・・・。どれほどの緊張かと申しますと、お約束の時間を1時間も早く勘違いして
会社の玄関をうろうろしていたほどです(笑)

インターホンが鳴り、玄関にお迎えに上がったところ、そこにはいつも暖かい笑顔の高橋さん。
そしてその後ろには、背負ったバックから長い巻物が飛び出した、優しい笑顔の素敵な青年が。
社内にご案内に挨拶をしたときの柔らかい物腰に一気に緊張が解けたのを感じました。

早速おもてなしの心を込めて、お茶を淹れさせて頂き、お茶の話しや和紙の話なんかで盛り上がりました。
そして、なんと言っても盛り上がったのは私も浜田さんも”食”が大好きということ!
食べるのも、料理も、お酒も!食が好きな人に悪い人はいませんね!(笑)
あとは、お互い車が大好きなことと、マイケル・ジャクソンが大好きなことも盛り上がりましたね(笑)
まあそんな、話で大盛り上がりなところで浜田さんが巻物に手をかけました。

さて、お待ちかねでございます。

と、その前に浜田さんと土佐典具帖紙をご紹介します。
土佐典具帖紙とは、『カゲロウの羽』とも表現される世界一薄くて強い手漉き和紙(厚さ0.03ミリ・国の重要無形文化財)」を、
祖父で人間国宝である浜田 幸雄氏の後を継ぎ創作、唯一の後継者で現4代目の浜田洋直を中心として土佐典具帖紙の
普及に務める。また、次男の治 さんは、落 水 紙 ( 美 濃 和 紙 ) 伝 統 工 芸 士 、 市 原 氏 に 師 事し、
故郷の高知に戻り自身の工房で制作を始め、昨年2012年に兄弟で浜 田 兄 弟 和 紙 製 作 所 ( 浜 田 和 紙 )を立ち上げ
土佐典具帖紙を自ら使った作品の展示会や、他のアーティストとのコラボレーションも手掛け、
少しでも多くの人に和紙の素晴らしさを伝えるべく日々活動いらっしゃいます。
http://www.hamadawashi.com/

巻物を広げた瞬間、一気に感動が駆け抜けました。そこには、今までの和紙では見たことのない作品が広がっていました。
まずは何よりも薄さ。そして、その薄さと合わさることによって広がる色。
ただ薄いのではなく、触った瞬間にしっかりとした丈夫さが伝わる和紙のハリ。
また、浜田兄弟の名前通り弟さんの手がける落水の美しい細工は自分自身初めて見た技に、大興奮でした。
THEODORの缶の色合いをイメージした色紙をセレクトしてお持ち頂いたようで、微妙に色が違うピンクには圧巻。

そして、和紙にどっぷりと心を持って行かれた私は、和紙を拝見するために浜田さんのアトリエのある高知へ
お邪魔させていただきました。

次回は高知アトリエのお話です。。。

そしてなんと本日から表参道valveat81にて浜田さんの和紙hamadawashiさんのインスタレーションが
7/2-7/31まで開催されます。皆さん是非この機会に最高の和紙を!
詳しくはこちらです。


カテゴリー: 未分類 |